三重の登記・測量・境界問題なら土地家屋調査士 行政書士佐藤隆廣事務所。

〒511-0231 三重県員弁郡東員町笹尾西二丁目22番11

ハナハナ
0594-76-8787
受付時間
9:00~17:00
営業日
月~金 土曜・日曜・祝日もOK

お問合せは24時間お気軽に!

土地合筆登記

土地合筆登記

合筆登記とは、互いに接する数筆の土地を、一つの土地にまとめる登記のことをいいます。
土地を合筆するには条件があります。

1.隣接していること。

2.所有者が同じであること。

3.地目が同じであること。

4.抵当権などの登記がないこと。

5.地番区域(字)が同じであること。

たとえば、下記の例で4番・宅地、5番・宅地、6番・畑といった3つの土地が、 互いに隣接している場合で所有者が同じ人の場合、4番と5番の土地の地目は宅地で同じですので、 合筆して1つにまとめることができます。 
 
しかし、4番と5番と6番の土地を1つにまとめるためには、先に、6番の土地の地目を、畑から宅地に地目変更しなければ、合筆登記ができないということになります。 
 

土地合筆事例のご紹介

よくある土地合筆の事例をご紹介します。

合筆前

4番と5番の所有者がAさん。

4番と5番の地目が同一(宅地)。

土地の合筆前
コメント

ただし、4番の土地だけに抵当権などが設定されていると合筆できません。

合筆後

4番と5番の土地を合筆することによって1筆の土地となり、4番と5番の間にあった区画線(筆界)が消されます。

土地の合筆後
コメント

地番は原則首位の地番を使います。この例ですと4番が使われます。

業務処理の流れ

資料調査

法務局で公図、地積測量図、登記事項証明書などを調査します。また、市役所で古い公図や、土地台帳等を調査します。

現地調査

現地で合筆する土地が隣接しているかどうか、地目は同一かどうか、境界杭があるかないか、また、資料調査で取得した公図、地積測量図、登記事項証明書などとの整合性を調査します。

押印、登記識別情報(権利証)のお預かり

委任状等に申請者のご印鑑を頂きます。また、登記識別情報(権利証)、印鑑証明書などをお預かりします。

登記申請、成果品の納入・報酬請求

法務局に登記申請をします。登記完了までお待ち下さい。完了後、成果品の納入と、報酬の請求を致します。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

0594-76-8787

お電話でのお問合せはこちら

0594-76-8787

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
営業日:月~金 土曜・日曜・祝日もOK